HEALTH CARE健康情報

DOCTORS監修医師

河島 尚志 先生
東京医科大学
小児科・思春期科学 主任教授
専門分野
小児科・感染免疫学
所属病院の公式ページ
https://hospinfo.tokyo-med.ac.jp/shinryo/shoni/index.html
学歴・職歴
  • 東京医科大学卒業
  • 東京医科大学大学院博士専攻課程卒業
  • 東京医科大学 小児科思春期学分野主任教授
  • 東京医科大学 医学科副学長
  • 東京医科大学病院 遺伝子診療センター センター長
  • 東京医科大学 常務理事
資格
  • 小児科専門医
  • 感染症専門医
  • 臨床遺伝専門医
  • 小児栄養消化器肝臓認定医
close
森脇 真一先生
大阪医科薬科大学
皮膚科学教室教授
所属学会
  • 日本皮膚科学会(代議員)
  • 日本美容皮膚科学会(理事)
  • 日本香粧品学会(理事)
  • 日本光医学・光生物学会(理事)
  • 日本小児皮膚科学会(運営委員)
学歴・職歴
  • 1986年:大阪医科大学医学部卒業
  • 1992年:京都大学大学院医学研究科修了
  • 1992年:米国NIH留学
  • 1994年:兵庫県立尼崎病院皮膚科 医長
  • 1999年:浜松医科大学皮膚科 助手
  • 2000年:浜松医科大学光量子医学研究センター 助教授
  • 2005年:大阪医科大学皮膚科 助教授
  • 2009年:大阪医科大学皮膚科 教授 現在に至る
社会活動
色素性乾皮症家族の会、日本CSネットワーク(コケイン症候群家族の会)
受賞・著書・論文など
【著書】(直近のもの)
・Moriwaki S Prenatal diagnosis of xeroderma pigmentosum group A, pp77-85 DNA repair disorders —clinical and molecular aspects—(ed. Nishigori C, Sugasawa K,), Springer Nature Singapore Pte Ltd. 2019.
【論文】(直近のもの)
・Hirakawa Y, Futaki S, Tanizaki H, Furukawa F, Maemura K, Kondo Y and Moriwaki S. Enhanced expression of nidogen 1 around the nest of basal cell carcinoma compared with that around squamous cell carcinoma. Medical Molecular Morphology 2018 Oct.1. doi: 10.1007/s00795-018-0207-x
・Hirai Y, Noda A, Kodama Y, Cordova KA, Cullings HM, Yonehara S, Fujihara M, Moriwaki S, Nishigori C, Mabuchi K, Kraemer KH, Nakamura N. Increased risk of skin cancer in Japanese heterozygotes of xeroderma pigmentosum group A. J Hum Genet 63:1181-1184, 2018
・Yu A, Tanizaki H, Kokunai Y, Sugimoto A, Shimamoto J, Kurokawa T, Moriwaki S The association between the clinical and histopathological classifications of actinic keratosis and the efficacy of topical imiquimod treatment. J Dermatol 45:469-500, 2018
・Calmels N, Botta E, Jia N, Fawcett H, Nardo T, Nakazawa Y, Moriwaki S, Sugita K, Kubota M, Obringer C, Spits MA, Stefanini M, Lauge V, Orioli D, Ogi T, Lehmann Functional and clinical relevance of novel mutations in a large cohort of patients with Cockayne syndrome. J Med Genet 55:329-343, 2018
・Nakao A, Tanizaki H, Yu A, Araki A, Yoshioka A, Moriwaki S A case of xeroderma pigmentosum group A with West syndrome. J Dermatol 45(2):e334-e336, 2018
・Ozaki C, Ohnishi S, Yu A and Moriwaki S A case of photosensitivity after the administration of olmesartan medoxomil. J Dermatol 45(10):e277-e278, 2018
・Murase C, Takeichi T, Shibata A, Nakatochi M, Kinoshita F, Kubo A, Nakajima K, Ishii N, Amano H, Masuda K, Kawakami H, Kanekura T, Washio K, Asano M, Teramura K, Akasaka E, Tohyama M, Hatano Y, Ochiai T, Moriwaki S, Sato T, Ishida-Yamamoto A, Seishima M, Kurosawa M, Ikeda S, Akiyama M. Cross-Sectional Survey on Disease Severity in Japanese Patients with Harlequin Ichthyosis/Ichthyosis: Syndromic Forms and Quality-of-Life Analysis in a Subgroup. J Derm Sci 92:127-133. 2018
・Imafuku K, Hata H, Yanagi T, Kitamura S, Inamura Y, Nishimura M, Kitamura S, Moriwaki S, Shimuzu H Multiple skin cancers in patients with mycosis fungoides after long-term ultraviolet phototherapy. Clin Exp Dermatol 42:523-526, 2017
・Takahashi Y, Endo Y, Kusaka A, Nakamaura S, Nakazawa Y, Ogi T, Uryu M, Tsuji G, Furue M, Moriwaki S An XPA gene splicing mutation resulting in trace protein expression in an elderly xeroderma pigmentosum group A patient without neurological abnormalities. Br J Dermatol 177:253-257, 2017
・Niida H, Matsumura R, Horiguchi R, Uchida C, Sakai S, Ohhata T, Kitagawa K, Moriwaki S, Nishitani H, Ui A, Ogi T, Kitagawa M DDB2-dependent recruitment of HBO1 at UV DNA damage sites is involved in nucleotide excision repair Nat. Commun. 2017 Jul 18;8:16:102. doi: 10. 1038/ncomms16102.
・Moriwaki S, Kanda F, Hayashi M, Yamashita D, Sakai Y, Nishigori C Xeroderma pigmentosum clinical guideline J Dermatol 44:1087-1096, 2017
・Ninomiya Y, Tanizaki H, Kokunai Y, Kurokawa T and Moriwaki S  Localized involutional lipoatrophy at the site of an influenza vaccination: A case report J Dermatol 44:e66-e67, 2017
・Terada A, Tanizaki H, Aoshima M, Tokura Y and Moriwaki S Lichen planus-like keratosis emerging in a pediatric case of xeroderma pigmentosum group A. J Dermatol 44:e152-e153, 2017
close
浦島 崇 先生
東京慈恵会医科大学
小児科学講座准教授
総合母子保健センター愛育病院
副院長 小児科部長
学歴・職歴
  • 東京慈恵会科大学平成8年卒
  • 自治医科大学研修医
  • 東京慈恵会医科大学附属病院
  • 埼玉県立小児医療センター循環器科医員
  • 米国Stanford大学Lucile Packard小児病院postdoctoral fellow
  • 総合母子保健センター愛育病院小児科部長(H29.4-)
受賞歴
  • 2005-2006 Stanford大学医学部Dean’s fellowship award
  • 2007 アジア太平洋小児循環器学会travel award
  • 2013 第49回日本小児循環器学会会長賞
  • 2014 欧州小児循環器学会Young Investigator Award
資格・役職
  • 日本小児科学会専門医・指導医・代議員
  • 日本循環器学会専門医
  • 日本小児循環器学会専門医
  • 日本スポーツ協会公認スポーツドクター
  • 日本医師会認定産業医
学会・論文リスト
Reverse remodeling of RV hypertrophy using pulmonary artery debanding model rat
Urashima Takashi., Itohisa M., Mori T., Iijima S., Ito R., Fujiwara M., Ida H.
Pediatric Academy Society Annual Conference 2017, May San Francisco
Afterload stressに対する左右心筋のremodelingの違い
浦島崇、糸久美紀、飯島正紀、藤本義隆、森琢磨、河内文江、伊藤怜司、藤原優子、小川潔、南沢享
第53回日本小児循環器学会学術集会;7月浜松
成⼈先天性⼼疾患患者の⼼臓リハビリテーションの実際と課題
藤⽥吾郎、⼤髙愛⼦、浦島崇、安保雅博
第23回日本心臓リハビリテーション学術集会; 7月岐阜
ウェアラブルデバイスを用いた運動習慣の啓蒙に関する検討
浦島崇、藤田吾郎、斎藤愛子、尾崎きよみ、柳原聡子
第72回日本体力医学会学術集会;9月松山
小児に対するCPXによる心拍変化と血中疲労マーカーの関連性に関する検討
浦島崇、横井健太郎,斎藤和恵小林伸行,近藤一博
第69回日本体力医学会大会 9月和歌山
心不全モデルラットにおける脳ミトコンドリアの形態異常に関する検討
浦島崇、糸久美紀、藤本義隆、伊藤怜司、河内貞貴、藤原優子、南沢享、小川潔
第51回日本小児循環器学会総会 7月東京
Reverse Remodeling of Right Ventricle Heart Failure in PA Debanded ModelRat
Urashima T. , Itohisa M., Fujimoto Y., Ito R., Kawachi S., Fujiwara M., Ida H.:
Pediatiric Academy Society Annual Meeting 2015, 4月, San Diego, US
Reverse remodeling of Right Ventricle Hypertrophy in PA debanded model rat
Urashima T., Itohisa M., Fujimoto Y., Ito R., Kawachi S., Fujiwara M., Ida H.
The 11th Asian Society of Pediatric Research 4月 大阪
先天性心疾患術後遠隔期の小児患者の身体活動セルフエフィカシーに関する検討
藤田吾郎、齊藤愛子、浦島崇
第21回日本心臓リハビリテーション学会 7月福岡
close